【カウンセラーのご案内】


ふく れなこ  (fuku renako)

 

現在中1の娘をとってもいーかげん(良いかげん)に子育て中の

ふくれなこです。

 

私は元々大学で心理学と主に教育学を学んでいたので、子育てしながら習ったことを照らし合わせたり実践して楽しみながら、ヒプノセラピーやNLP、カウンセラーのセミナーに通ったりして学び直しました。

 

 そして習得したことを意識しながら娘に接してみると、娘はおもしろいように変わっていきました。同じ意味の話でも使う言葉によってどんどん自信をつけ行動範囲がぐーんと広がったりと、目に見える変化があったのです。

 

また私は、大学を出てすぐに子供を産んだため周りのお母さんに比べ若くて未熟だと勝手に引け目を感じていて、しっかり子育てをしなくちゃとか、変に力が入りすぎているところがあったのですが、随分楽になりました。

だから今はとっても良いかげん♪なのです。

 

私は自分の子に関わらず子供が好きなため近所の公園によく遊びに行きました。

 

そしてコミュニケーションが下手な子とお話することもあるのですが、そういう子にはその子のいいところを褒めてあげたりその子を認める肯定的な言葉とともに、こうするともっと良くなるよ!大丈夫だよ!と声をかけてあげると、次に会った時には友達と楽しそうにしている姿が見られる時があり、そういう時には心理学やってて良かったなと思います。

 

でもその言葉かけや接し方を、お母さんやお父さんが子供にしてあげるともっと子供は変わるのです。

そのためには、お父さんやお母さんが余裕を持つことが一番だと思います。

 

特にお母さんの心(小さい頃の自分・こんなダメな自分など)を癒してやわらかい気持ちになる。そして自分が「どうせできない」とか「疲れたー」とかつい使っている言葉をちょっと変えていく。そして無理しないだけで自分も楽になりお子さんものびのびとしていくのです。

 

それってなにも子供いるいない関係なくみんなに言えることで、みんなやさしい気持ちで楽に生きていけたら幸せだなという思いでお待ちしております。

 アダルトチルドレン専門 ふくれなこ

 


ふく れなこ (fuku renako)

 


福井 恵美 (fukui megumi)

 

福 笑美  (fuku emi)

 

はじめして。福 笑美です。

 

子供の頃、両親から「親孝行すべき」「人の役に立つべき」「負けてはいけない」「泣いてはいけない」と育てられ、常に何かと戦っていました。人に甘える事もできませんでした。

 

自己犠牲的おせっかいやきに育ち、どんどん人に依存され、どんどん自分を追いつめて生きづらくなり、気が付けば周りに人がいなくなってました。

 

そんな時心理学と出会い、自分軸で生きることの大切さ、本当の意味での自分を大切にする事を知りました。

 

そもそも人より自分を幸せにすることなんて許されない!と思ってました。

 

でもそれができるようになってくると楽になり、戦うものなんて何もない事に気が付けて、毎日楽に、感謝して生きていけるようになりました。

 

38年間美容師として多くのお客様の悩みを聞かせていただいた経験を活かし、私と同じように苦しく悩んでいる方に幸せになってもらいたい!楽にみんな一緒に幸せになろう!!という思いでお待ちしております。

 

 


 

【~れなこより 福 笑美の紹介】

 

福 笑美は、人の心を開かせるのがうまく、美容室のお客様との様子を見ていると、「気付いたら悩みを話しちゃってた!人に話したことなんてない事なのになんでかしら。でもすっきりしたわ。」とか「説得力のある話で、なるほどねー。すごい納得がいった!!」という場面をよく見かけます。髪形をすっきりしに来たはずなのですが、私が見ていると福 笑美と話をして考えもすっきりして帰る方がほとんどのように見えます。これは本人も言っているように美容師をやってきた長年の経験によるものもあるかもしれませんが、それだけではないように思えます。おしゃべり上手で、やはり人柄ですかね!

 

説得力があり、わりとなんでも一人でこなす力があるので、特に男らしい男性の方にはおせっかいなおばちゃんだなーと感じる人もいるかもしれません(笑)

 

福 笑美は男の子も女の子も子育ての経験があり、嫁に出す側、もらう側、両方の立場も経験済みなので、特に嫁姑関係では、なかなか自分では気づかないような見方、捉え方のコツも教えてもらえますよ。